Twitter...A

Twitter < > Reload


お知らせその他


↑GothicさんLolitaさんの為の↑
洋裁教室




↑Doli.T.Mephist↑
個人サイト

にほんブログ村 ファッションブログ ゴシック系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


まとめ

ご挨拶

ブログ記事はご挨拶の下に御座います。見難くてすみません

中世欧州貴族的過剰装飾(≠Gothic)な衣裳製作や
球体間接人形製作、MALICEMIZERのコスプレ等をしながら
自宅兼アトリエでゴシック&ロリィタさん向けの
小さな洋裁教室を開講中のドリィのブログです。
個人サイトや各種特設ページへのリンクは←に御座います。

【耽美系ペア人形】球体関節人形を作ってみた。をニコ動に掲載しています。


↓2010年8月に参加した初ファッションショーの動画

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

EiserneJungfrau


今日は仕事は休みだったので久々に映画を見る気分になったし

GOEMON見てみました。

感想は…これ、映画じゃなくゲームにした方が良かったんじゃね?です。

というか、ゲームの影響を受け過ぎてるというか…

ゲームのムービーレベルというか…

映像とか衣装は綺麗ではあるんだけど深みが無いです。

和洋折衷な感じなんだけど。。。悪くは無いんだけど…

やっぱどっちかに絞った方が良かったと思うな。

話は戦国時代の話で武将とか出てくるんだけど

城、日本建築っぽいけどそれ以上にキリスト教の教会みたいくなってるし

音楽も賛美歌みたいなのが多かったりするんですわ。

そういうのやりたいなら、戦国時代の話にしなくてもよくね??って思ってしまった。

折角日本の話にして、もし音楽重厚にしたいとしたら

イノセンスみたいな、民謡を合唱させる系とかお経みたいな声を合唱させるとか

そういうのでも十分良かったと思うし衣装も確かに和柄っぽいのを生地は使ってるけど

デザインは完全に洋服ベースというか。。まぁ、それがこの映画のよさなんでしょうけど…

いや、凄く悪いわけじゃないんですよ。でも、イマイチな感じでした。

紀里谷和明監督って、キャシャーンの映画の監督で

宇多田 ヒカルの元旦那さんなんだけどね。

私はキャシャーンはめっちゃ好きなんですよ。

世の中では酷評されてるみたいなんですけど、めっちゃめちゃ好きなんです。

だから期待してたんだけど…なんかこれは違うなぁって思ったよ。。

何もかもが悪くは無いけどぼんやりしてる映画だと思いました。

美しいけど現実味がなくて説得力が無いと思いました。

でも、紀里谷さんのセンスは好きなのでこれからもっといい映画を作ってくれると思います。

映像美的な映画は私は嫌いじゃないので期待してます。

スポンサーサイト
 

EiserneJungfrau


3体目の『幸せな王子人形』の衣裳の参考にと

友人のTさんが『王は踊る』というDVDを貸してくれました。

ルイ14世と、彼を愛する宮廷音楽家リュリの物語。


衣裳は、すっっごく良かった!!!

出ている役者さんもみんな綺麗だった!!

セットも凄く良い、音楽も良い、髪形もメイクも!

縦ロール、ウエーブ、超綺麗だ。

凄く参考になった。

今まで私が好きだった18世紀?19世紀ぐらいの衣裳とは

全然違うし17世紀の衣裳ってあんま好きではなかったけど

凄く可愛いし素敵だなと思った!!


話は哀しかった。

総てをかけても叶わない愛情も当たり前だけどあるよね。

リゥリの『王は私の音楽に飽きたのだ』という言葉が

物凄く絶望的なものだと私には解る。

少しでも、ルイに政治的や芸術としてではない

リゥリへの愛情があればいいなと思った。

でも、たぶんそんなもの一切無い 苦笑

それが、簡単に云ってしまえばノンケとゲイの違いだから。


そんなに物凄く感情移入できるような

起伏のある物語の作り方ではないのに

やっぱり私は見た後色々考えてしまって今カナリ欝です 失笑

私は私の事がすっごく嫌い。

自信があるのは衣裳(と最近は人形)ぐらい。

それも沢山作れるわけではなく、ゆっくりゆっくりしか作れない。

その分1つ1つに魂を込めて作っているけれど

それを『飽きた』の一言で終わらせられたら総てを否定されたも同じ。


私も、世界で一番好きな人に(私なりに)沢山衣裳を作ってプレゼントした。

いつか棄てられるのかな。要らなくなって。

私の衣裳は特殊だから普段着には絶対出来ないし

着ていく場所も限られる上にかさばるんだよね 苦笑。

因みに、逆に昔、別の人に作ってもらった衣裳は

その人の縁が切れてしまっても棄てられずに私は置いている。

きっともう着る事は無いけど、棄てられるわけなんかないよ。

この数週間、調子が良かったけどこの辺りが頭打ちかな。

それとも寝て起きたらまた大丈夫に成るかしら。


ただ、一緒に居る。

それだけの事がたぶん私には出来ないと思う。

出来ないって解ってるけど望んでるから出来るように頑張ってみる。

まだ少し時間がある。変われるように頑張ってみる。

ただ一緒に居たい。という願いの為に他のモノを棄てられるか。

何かを得る為には、何かを棄てなければいけない。

でも、たぶん、私の欲しいものは私の総てを差し出してもきっと手に入らない。


それでも、私が居た事は忘れないでいて欲しい。

私は貴女の事を愛しているから。

 

EiserneJungfrau


レオンの完全版を見ました。初見。

持ってたビデオと声優さんも台詞も違うし

新しいシーンもだいぶ増えてた。

ことによって、すっごく映画としての印象が変わった気がした。

映画としては、完全版じゃない方でもまったく問題なく成立してるけど

より二人が生身の人間っぽくて

キャラの背景とか心情とかが描かれてた。

良い意味で泥臭い感じ 笑

マチルダがめっちゃレオンに迫ってたし…びっくりだ。

何十回も見てる映画だから結末を知ってても泣ける。

昔は、レオンが自爆するシーンで一番泣いたけど

今は、マチルダを排気口から逃がすシーンで一番泣く。

完全版になって、愛や恋や死というものが濃く入ってきても

映画全体でレオンがマチルダに愛してるというのはあそこだけ。

レオンにとって『愛している』という言葉がどれだけ重い事なのか

物凄く伝わってきた。レオンにとっては命そのものだった。

たぶんああいう愛し方って理解出来る人と出来ない人と別れると思う…

私も、易々と他人に愛してるなんて云えないな…

云う勇気もないし、意味が重いからなぁ。

愛してるって云うのは命を掛けて守るっていう事だもの。

それが友情でも、恋愛でも、親子愛でも、何でも。

好きと、愛してるは違うものね。

きっとマチルダは凄く危ない魅力を秘めた女性になっていくんだろうな。

そして沢山の男の人に愛されるけど

きっともう『愛してる』とは云わないだろう。

結婚して子供が出来て幸せになっても。好きとかそういう言葉で返しそう。

なんか、そんな感じがする…


ヨエルさんは粘土の乾燥待ちで作業進められなくなったので

双子の方の関節球作ったり準備に入りました。

3体分の原型が机の上にあるのでぐちゃぐちゃになってきた 汗

早く2体完成させて『人形』にしないとなぁ。


あと、色々あって、引越しを来年の夏予定から変更して

今年の9月と決めました。資金もちゃんと働き続ければ十分溜まりそうですし。

引越しを期に家具の破棄と新調をするので

何を買うのか、それはいくらぐらいが相場なのかを徹底的に調べた!

というより、ネット上で一番欲しいヤツをもう決めて予算も1円単位で割り出した 笑

欲しい物をホイホイ買っちゃうと100万ぐらいかかってしまうので

(部屋全体をクラシック家具にしたりね…)

生活感と自分の身分を考えて抑えましたよ。。

私は家具の中では椅子とかソファーが一番好きなんですが

今回の引越しではどう考えても置ける場所が無いので買えなさそうです 灰

2Kには置けない。2LDKぐらいあったら置く場所あるかも 苦笑

唯一の贅沢品は人形を入れるキャビネット。

やっぱりシルバー仕様の高いけど一番気に入ってた20万ぐらいのヤツがいい!!

でも、引越ししてすぐは買えなさそう。。20万…高い 涙

他にもクラシック系家具やアイアン家具で揃えますわ。

それなりに安くて良いのありましたし。

寝室兼リビングは黒×紫のデコラティブな部屋

アトリエは機能性重視の淡白な部屋にしますわ。

ネットでの予算はたったので、あとは引越しまでの間に

暇な時に家具屋さんを見て補足していきます。

私は物事を調べるのが本当に大好きだからこういう時間が一番幸せ 笑

何かを計画したり、調べたりするのがすっごい大好き☆

9月にいいお部屋が見つかりますように。

広くて家賃安くて敷金礼金が抑え目だけど綺麗な部屋が良いな 笑

駅から離れてても15分以内なら別にいいからさ?。


寝ます!おやすみなさい?。

 

昨日のしんどさは風邪だったようで朝になると声が出なくなってしまい

熱も下がらないので会社をお休みしました。

病院行きたいのに日曜日だからあいてないし家でグダグダします…


EiserneJungfrau


溜まってる映画を見ることにしました。

ストレイトストーリー。

眼も見えにくいし足も悪いお爺さんが主人公。

10年ぐらい前に喧嘩してそれっきり逢ってないお兄さんに逢いに

小さいトラクターで500kmぐらい離れた町までいく話。

主人公のお爺さんがめっちゃ可愛い!!素敵なじいさんです!!

穏やかだけど頑固者でしっかりと意味のある歳のとり方をしてる感じがして

旅の途中で色々な人に逢って話すのですが

決して押し付けがましくなく上品に物事を伝えるのです。

最後はちゃんとお兄さんに逢えるのですが交わす言葉は

兄『あれで私にあいにきたのかい?』

爺『そうだよ』

ってこれだけなんですけどすっごい愛を感じますね。

このトラクター超のろいんですよ 笑。

おんぼろですぐ潰れちゃうし。たぶん2ヶ月はかかってますね。

余計な事云わなくてもあんな小さいトラクターで2ヶ月かかって

逢いに来てくれたら全部伝わりますよね…

電話で話そうと思えば話せたと思うんですよ、わざわざ500kmの旅しなくても。

でも、爺さんがいうとおり一人で頑張って直接逢いに行く事に意味があるんですよね。

今の世の中、ネットだメールだ電話だってそういう即席の連絡手段があって

そこに頼り切った人間関係の作り方が当たり前になってしまっているけれど

やっぱそんなんじゃ伝わらない気持ちっていっぱいあって

伝わりにくい事こそとても大事な気持ちだと思うから

私ももっと周りの人に感謝の気持ちとか伝えていかなきゃいけないなと思いました。

値段の高いプレゼントっていう表現方法もあるけど私はあんまり好きじゃなくて

一番大事なのは『好きな人にどれだけ時間を裂けるのか』って事だったり。

お金なんて(勿論お金はとても大事なものですが)あるとこにはあるし

働けば稼げるし即席なものだと思っているので

私に出来る事はやっぱり自分で作ったなにかをあげることだったりします。

でも、これってすっごく重いですよね 苦笑

でもでも、その重さを受け止めきれないような

八方美人な浅く広くの関係は私には出来ないのでいいかな?苦笑

私の大事な人が云ってたんです。

『頑張ってたら絶対誰かが助けてくれる。

助けてくれないのは頑張りきれてないから』だって。

その言葉を云われた時は凄く酷い言葉だって私は思ったけど

辛い時に誰も助けてくれなかったけれど、今はその時の頑張りを見ててくれた人が

声をまたかけてくれたりして新しい道を提示してくれる事が増えてきたので

頑張って良かったなぁと思ってます。

だけど『助けてくれる』っていうのは

『選択肢を増やしてくれる』とか『チャンスを与えてくれる』という程度で

結局自分自身で行動してまた頑張って

自分を幸せに出来るのは自分だけなんでしょうね。

常に行動して実践して伝えて前に進んでいかねば。

たとえそれが伝わらないって諦めそうな事でも

やりたいうちはやらねば生きてる意味が無いです。


話がそれだけど、凄い良い話でした。

私もこんな素敵な老人になりたい!!

 

EiserneJungfrau


セリフのない、動物や植物が『食べ物』になる様子を

ひたすら淡々と写すドキュメンタリー映画。

海外の大規模農園とか、養鶏場とか凄過ぎ。

人間って物凄く不自然な生き物なんだと再確認した。

当たり前だけど、食べ物になるために産まれた

牛や豚や鶏は、肉になるという事の為だけに

生産されて殺されて肉になる。

そういう生き物とペットの違いは何なんだろう。

そういう生き物と人間の命の違いは何なんだろう。

地平線の先まで規則的に植えられた植物も

とにかく不自然で仕方なかった。

でも、その不自然のおかげで私は野菜を食べたり

お肉を食べたり出来るのだから

私の生命そのものが物凄く不自然なような気がして

別に怖いとか、残酷だ!!とかじゃなく

なんとなく居心地が悪い気がした。

ロハスとか、ナチュラリストとか

自己都合の『自然体』でしかないんだな思ったり。

人間が他の生き物をこんな扱いにしているのだから

マトリックスみたいに逆に人間が養殖されたって仕方ない。

ただ、今はそういう時代になってないだけの話。

凄く感動したとか、凄く嫌な気持ちになったとか無い。

流れ作業で産まれて

流れ作業で殺される命も

当たり前にあることが解った。
それが遠い世界の話ではなく

目の前に毎日あるお肉が命をもっていたときの事。

解ってたけど、見れて良かったなとは思った。

子供に見せたらすっごくショックとかなんかな。

トラウマにお肉食べられなくなるかなぁ 苦笑

それとも、もっと大事にご飯を食べようって思うんだろうか。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。