FC2ブログ

Twitter...A

Twitter < > Reload


お知らせその他


↑GothicさんLolitaさんの為の↑
洋裁教室




↑Doli.T.Mephist↑
個人サイト

にほんブログ村 ファッションブログ ゴシック系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


まとめ

ご挨拶

ブログ記事はご挨拶の下に御座います。見難くてすみません

中世欧州貴族的過剰装飾(≠Gothic)な衣裳製作や
球体間接人形製作、MALICEMIZERのコスプレ等をしながら
自宅兼アトリエでゴシック&ロリィタさん向けの
小さな洋裁教室を開講中のドリィのブログです。
個人サイトや各種特設ページへのリンクは←に御座います。

【耽美系ペア人形】球体関節人形を作ってみた。をニコ動に掲載しています。


↓2010年8月に参加した初ファッションショーの動画

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
本日は煌也に付き添ってもらい難波に買出し行ってきました。

Mana様のズラを作るのにいつも通り楽天で何かいいのは無いかと探ってたら
ボディ●インのズラがめっちゃ安いことを発見!!
しかし、知っている人は知っているボディ●インクオリティなので
通販する勇気が出ず難波の実店舗に潜入してきました!

そしてこのバンスのブリーチ金を3本買いました。
wig052-2.jpg
ポイントウィッグ ポニーバンスクリップ付(耐熱) 60cm

白かシルバーが良かったのだけれど在庫なくて。
いやあったのかもしれないけど聞く気分にならなかった 笑
色は金とついているけどほぼ白です。生成って感じ。
レースとか生成なので合うと思います。

110205_2049~01
3本買ったうちの1本は前髪ウィッグと増毛用毛束として使います!
まずバンスを取り外すと内部はこんな感じになってます。
ネットに毛束を縫い付けてあります。

110205_2133~01
裏から注意深く縫い付けの糸だけを切っていけばネットと毛束に分割できます。
ネットの下半分まで毛束を外し、上半分は前髪ウィッグに改造します。
上半分の方もボリュームを出す為に逆毛に縫い付けてある方は外します。
(この辺りは実際買ってみてもらうと解りやすいです)

110205_2134~02
要らないネットの部分を切り取ります。

110205_2134~01
表から見たらこんな感じです。

110205_2138~01
このウィッグは耐熱繊維なのでアイロンが使えます。
毛並みを整えながらアイロンをかけます。

110205_2147~01
向かって左側がなにもしていない方。
毛束の端が見えています。
この部分を内側に折りこんで手縫いでとめます。
留めた方が右側です。
毛束端が見えず綺麗になってきました。

110205_2153~01
両方折り返してとめたらアイロンでまた毛の流れを整えて
ベースは出来上がり。

110205_2154~01
裏はこんな感じです。後ほどコームを縫い付ければ完成。
これは凄く簡単なので市販されていない色の前髪ウィッグを作るのに
凄く役立つと思います!!
私は下半分は毛束に分割しましたが単純に半分に切れば
1つのバンスから2個前髪が出来るので1個500円で出来ます 笑

毛束はもったいないので残り二つのバンスに縫い足して使うことにします。

因みに。このバンス値段の割りに私は凄く良い商品だと思いました。
しっかり出来てるし毛の量もそれなりにあると思います。
他店のバンスを見たことがないので比較は出来ないけど。
毛も絡まりにくく手触りもいいので今後色々使えそうです!!
侮りがたしボディ●イン…

110205_2245~01
コヂズラの方乾いてたのでハードスプレーかけた後ホース外しました。
此処でまた致命的な失敗。ヘアピンから錆発生してウィッグに色移りしました…
このズラの場合逆毛立てたりするエリアだったので大事には至りませんでしたが
お湯パーマをする時留め具にヘアピンを使うのは絶対止めた方がいいです 苦笑
他に何がいいのかなぁ…ラップで巻いたりとかでしょうかね…
出来上がりは見ての通り縦ロールというよりは強めのカール止まり。
もっと熱湯につける時間を長くしたり冷水で冷やしたり
巻く毛束の量を少なくしたら上手く行ったかもしれませんが今回はこんな結果です。
前髪は低音のアイロンで直毛に戻しておきました。

110205_2245~02

110205_2246~01

豪華といえば豪華なので上手くすれば色々使える技術ではあると思う。
もっと改善の余地あり!!って感じですので今後も実験してみます。

次の加工は、逆毛を立てつつアフロっぽくしていきます。
で気付いたのが根元逆毛立てると折角作った縦ロールが全部死んでしまうので
装飾用になる縦ロール部分はカットして置いておき
ウィッグ本体部分は逆毛を立ててベースの形を作った後に
縦ロールのカールを部分的に縫い付けていく事にします。
ぴょんぴょん所々出てるストレートの毛は
適当にアイロンで余った縦ロールを直毛に戻して縫いつけようと思います。

…って事は最初からフルウィッグ全体をお湯パーマせんでも
毛束切り取ってそっちだけ縦ロールにしときゃよかったってことですよ…
とんだ無駄足だったぜ★まぁ、いい経験になったのでよし。
同じズラ2個目作るならこれよりは上手く行く自信あり 笑
当たり前か 笑

ラフの材料もレース以外は揃ったのでボチボチ進められそうです。
が、飛ばして衣裳を作りすぎて材料の予算がなくなりました 爆
コヂ衣裳の本体製作は3月に入ってからになります。
まぁ、着てくれる人が撮影会に来れるかどうか2月末まで解らないので
丁度いいちゃぁそうなんですけどね。

今は久々に衣裳のりにのってるのに、費用が尽きてしまうとどうにもならない…
今後もこのパターンは多発すると思います…お金のかかる趣味(??)です。
特にロザリア以降のオリジナルの衣裳はスワロフスキー付けるし
規模も大きいのでどうなるやら…
ファッションショーも無くなって時間的制約はあまりなくなったので
地道にやっていこうと思います~

基本、私は焦って何かをしたり、気分の乗らない時に無理やり
衣裳をしたりはしたくないので洋裁教室の方でも
『作りたい服を作りたい時に』をモットーに教える気で。
服作りで一番大事なのはヤル気だと感じてます。
技術や知識が無くてもヤル気、作りたい!!着たい!!っていう熱意があれば
あとは結構なんとかなるもんです。
技術と知識は私がサポート出来ますが、ヤル気はサポート出来ませんので。
ヤル気と制作費さえあればなんとかなりますわ。という気持ちです。



GothicさんとLolitaさんの為の洋裁教室
春頃開講予定


闇に潜みし薔薇の会プレゼンツ
『悪意と悲劇の撮影会』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。